無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話
中原 中也
中原 中也
任務の内容は、ある組織の壊滅だ
一人生かしたままでいいが、それ以外は殺せ
水波
水波
了解です!
水波
水波
それより、太宰幹部のことなんですけど...
中原 中也
中原 中也
それより、この状況でよく無駄口叩けるな
今、私たちは敵組織の本部の裏口にいる
水波
水波
雑魚に負ける程、弱くないので
私も幹部殿も
中原 中也
中原 中也
その度胸だけは、評価してやる
度胸だけな


そろそろいくぞ!





裏口から入り、敵を見つけるたび水波はナイフを振り回す


中原幹部は異能力を使っているが水波は使わない

別に使えないわけではないが、ただ使う必要がないと判断したからだった

(そう言えば、中原幹部が異能力使ってるとこ見たいって言ってたような....)






ナイフなんて持ったこともないと思っていたが、まるで使いなれているような感じだった
水波
水波
(どうしてこんな使えるんだろう?)






なんて思いながら切りつけていくといつの間にか、全滅していた









中原 中也
中原 中也
よくやった
水波
水波
ありがとうございます
中原 中也
中原 中也
にしても、ナイフの扱い方は太宰から習い始めたばっかりじゃなかったのか?
水波
水波
それが...教える必要はないと言われまして....
中原 中也
中原 中也
そうか....
(異能力を使わず、あの身のこなしか....何者なんだ?殺ったことがあるな..)
中原 中也
中原 中也
じゃあ、もう帰っていい
水波
水波
はい
お疲れ様です
中原 中也
中原 中也
おう
森  鴎外
森 鴎外
なるほどねぇ







-----------------------




変な所で終わってすいません



時間かかってしまって遅くなりました


by作者

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

IRIA
IRIA
よろしくお願いします! 文スト、銀魂、七つの大罪などいろんなアニメが好きです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る