無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

795
2018/02/25

第2話

2
女子
今日も、かっこいいわー♥
女子
大貴様~
女子
あ、大貴様がこっち見たわっ///
女子
ほんと、同じクラスっていいねー♥
有岡
チッ
うっせー。
高木
まぁまぁー笑
女子
雄也様が笑われたわー♥
女子
あれ?慧様は?
女子
あれ、ほんとね?
高木
また、伊野尾くんサボり?笑
有岡
しらね、
八乙女先生
はーい、お前らー
座れ!!
今日から新しい仲間が増えるぞー。
高木
転校生だってよ?
有岡
興味ない、
八乙女先生
入ってきていいぞー。
あなた

えーと。
佐藤あなたです。
よろしくお願いします!!

有岡
ぇ。
(あれ、あなただよな…)
あなた

ぇ。
(大ちゃん?でも雰囲気が全然ちがう…)

八乙女先生
どうした?佐藤?
あなた

いえ、なにも!

八乙女先生
あれー?
伊野尾は?
高木
多分サボりっす
八乙女先生
じゃー、佐藤はあの空いてる席が伊野尾だから
あの隣な?
女子
えー、慧様は誰も隣座ったことないのにー
八乙女先生
佐藤座っていいぞ!
あなた

あ、はい。

高木
な、かわいくね?
有岡
さ?
高木
冷たいなー笑笑
有岡
うっせー。
高木
大ちゃん、伊野尾くん探し行く?
有岡
……
高木
大ちゃん!
有岡
あ、ごめん。
有岡
ぼーっとしてた。
高木
あの子見てたの?笑笑
有岡
見てねーよ!
高木
伊野尾くんどうする?
有岡
ほーち。
高木
おけ!