無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

723
2018/03/02

第12話

11
大貴said 
やっと、休みだ。
今週はいろいろあったな。
あなたは帰ってくるし。
いじめられてたし。
あなたに冷たく接したし。
有岡
はぁ……あなた…
トントンッ
有岡ママ
大貴??
有岡
んー?
有岡ママ
夜ご飯は食べに出るわよ。
だから準備してちょうだいね?!
有岡
うん。
俺は反抗期がなかった。
自慢ではないけど。

こうやって母は急に出かけるといいだすようになった。
あなたが引っ越してからだったかな?
多分俺の事気にしてくれてんだと思う。
________1時間後________
有岡
かーちゃん準備できたよ。
有岡ママ
もう、できたの?!
早かったわね?
有岡
別に?
今日はどこ行くの?
有岡ママ
着いてからのお楽しみよ。
お父さん帰ってきたら出発ね?
有岡
おけ、それまでそこ座っとくわ。
大貴はリビングのソファーに座った。
________お父さんが、帰ってきた。________
有岡ママ
じゃー、行こっか?!
有岡
歩いて行くの?
有岡ママ
そーよ。近くだもの。
有岡
へぇー。
近くにあったけ?
まぁ、かーちゃんがいいならそれでいいけど。