無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

781
2018/02/26

第5話

5
________放課後________
伊野尾
あなたっ!
ちょっと光先生に呼び出しされたから待ってて!
あなた

うん!いってらしゃい!

女子
ねー、あなたさん?
あなた

はい?

女子
ちょっと、来てくんない?
あなた

どこに?

女子
いいから、
あなた

でも、慧が…

女子
いいからっ!
あなたは腕を引っ張られて連れていかれた。
あなた

いたっ!

校舎裏に着いた。
あなた

なんで、

女子
ねー、あなた、調子乗りすぎよ!
女子
そーよ、慧様の隣の席で、
慧様のこと呼び捨てで!
あなた

いやー、そんなこと言われても。

バチン!
あなたは平手打ちされた。
あなた

いたっ、なにすんのよ!

女子
あんたが調子乗るからよっ
女子達は蹴りだした。
あなた

うっ(涙)

有岡
おい、おまえらなにしてんの
女子
大貴様!
有岡
なにしてんだって聞いてんだよ!
女子
ビクッ
女子
だって、この子が調子に乗るから悪いんですよ!
女子達は逃げるようにその場から去った。
あなたは泣いている。
あなた

大ちゃんに会いたいよ。
大ちゃん助けに来てよ。
大ちゃん……

あなたは気を失った。
有岡
ごめん、あなた。
こんな弱いやつで。
お前を守ってやれなくて。