無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第114話

@106
ウォヌ
ウォヌ
わかった
夜ご飯
ミンギュ
ミンギュ
みんなー!できたよぉおぁぁぉぉぉぁお!
Seventeen
Seventeen
はーい。
トコトコ
エスクプス
エスクプス
よし。みんなきたな?
スングァン
スングァン
あなたが来てないですよひょん
エスクプス
エスクプス
あれ?あなたー!
エスクプス
エスクプス
ご飯出来たよ〜!
……
ウォヌ
ウォヌ
ちょっと見てくるね
トコトコ
こんこん
ウォヌ
ウォヌ
あなたご飯出来たよ
あなた

ごめん、今食欲ないんだ

ウォヌ
ウォヌ
いらないのか?
あなた

うん。

あなた

ごめん

テクテク
ジョシュア
ジョシュア
どうだった?
ウォヌ
ウォヌ
いらないって、
ホシ
ホシ
そっか、
いただきます















ごちそうさまでした。

























🌃night
エスクプス
エスクプス
はい。みんな早く寝て体調管理するように
エスクプス
エスクプス
おやすみなさい
Seventeen
Seventeen
おやすみなさい






































am2:00

あなた

水飲むか、

テクテク
じゃー
ゴクゴク
あなた

ふぅ

あなた

戻るか、

テクテク
















あぁ、ねむ
あなた

よし、おやすみ、