無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

@52
握手会
司会「皆さん!Seventeenの登場です!」
Carat「きゃー!」
エスクプス
エスクプス
SayThename
Seventeen
Seventeen
안녕하세요Seventeenイムニダ!
Carat「きゃー!」
握手会開始
あなた

私も大好きだよ!

Carat
「あなたちゃん!いつでも可愛いね!
ずっとあなたちゃん推しだから!」
あなた

ありがとう!

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
Carat「私の名前○○って言うの!
次も握手会来れるか分からないけど
名前覚えといて!」
あなた

○○ちゃん!いい名前!
ずーっとおぼえてくよ!

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
Carat「あんたがあなた?」
Carat「Seventeenにヨジャはいらないから」
Carat「早く抜けてくれない?」
Carat「KーPOP界からも消えてくれない?」
Carat「まじで嫌い」
あなた

ごめんね。
1人のお願いで辞めることできないんだ…ごめんね

Carat「最悪。」
Carat「そうだ。私の名前も覚えてくれるよね?
私の名前はね」
Carat「ユンリ。まぁソナとも言うかな?じゃ」
Carat「ちゃんと覚えといてね?」
私はこの名前を聞いた時すごくびっくりした。
もしかしてあのユンリ…?
ウジ
ウジ
あなた?
あなた

あっなんでもない!

握手会終わって
エスクプス
エスクプス
みんなお疲れ様ー
ジュン
ジュン
ヒョン!飲みに行きましょ!
あなた

じゅんったら!

エスクプス
エスクプス
よし!みんなで飲みに行こう!