無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

story3
私は陸くんと別れて家に帰ったらさっそくラビチャした
ゆい
ゆい
今日は楽しかったです。ありがとうございました。
─陸とのラビチャ─
七瀬陸
七瀬陸
こちらこそありがとうございました。また機会があれば出掛けましょう
ゆい
ゆい
はい。
明日も撮影があるので私は陸くんとのやりとりを終えて速めに寝た
次の日撮影現場
葵
あなたおはよう。  
ゆい
ゆい
葵、おはよう。
ゆい
ゆい
 この前さ人とぶつかって連絡先交換したっていったやん?
葵
うん
ゆい
ゆい
その連絡先交換した人がアイナナの陸くんだったの!!
葵
えっ?マジで!?スゴいじゃん
ゆい
ゆい
そうなの~。ラビチャ交換しちゃたー
葵
えぇーいいなー
親友の葵とこの間あった話をしているとマネージャーに呼ばれた
マネージャー(中野 玲央)
マネージャー(中野 玲央)
さくら、ちよっといい?
ゆい
ゆい
はい、今行きます
ゆい
ゆい
ごめん葵。ちょっと行ってくるね
私はマネージャーのもとにいった