無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

いっしょに食べよう
1,069
2019/02/18 12:30
お昼ご飯の時間になり
わたしはひとりでお弁当を食べようとしていた。
相葉雅紀
あっ!そっかー!!
いきなり叫んできて驚いていると
相葉雅紀
席ないじゃん!!
西沢(あなた)
・・・?
櫻井翔
あー、ごめんごめん
前まであなたちゃんの席空いてたから
雅紀が使わせてもらってたんだ!
松本潤
さっさと自分の席持ってこいよな!
相葉雅紀
いーよねー、智は和に席半分
使わせてもらっててさー
翔か潤も半分座らせてー!(グイグイ)
西沢(あなた)
((わたしどっか行くので、どうぞ
席を立ち、椅子を差し出そうとすると
二宮和也
だったら・・・
大野智
あなたちゃんもいっしょに食べよ?
後ろの席の人と大野さんが同じタイミングで
声を出したため、よく聞こえなかった。
西沢(あなた)
へ?
大野智
いっしょに食べようよ
大野さんだけが言い直してくれた。
相葉雅紀
いーね!そうしよー!
じゃああなたの席半分座らせて!!
西沢(あなた)
い、いや、無理です!!
女子の視線を感じすぎて、周りを見るのが怖い。

いっしょにお弁当食べたりなんかしたら
即、いじめのターゲットになるよ。

断ってその場から逃げ出そうとしたら
二宮和也
いいから、座れよ
機嫌の悪そうな後ろの席の人は
立ち上がり、わたしの肩をグイッと押し
無理やり席に座らせてきた。
西沢(あなた)
((は、はい
後ろの席の人が怖くて
そのままいっしょにお弁当を
食べ始めてしまった。


この選択が間違っていた・・・

ーーーーー

5ヶ月ぶりです、復活です
ずっといろいろな作品を読んで
勉強してました!

これからまた頑張って
投稿していきます!