無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

地味女(和side)
1,724
2018/08/12 14:33
和side
高校2年生になり、1ヶ月がたった。

今日、転入生が来るらしい。

本当は進級するタイミングで転入してくる
予定だったそうだが、なぜか1ヶ月遅かった。

席はあいうえお順で、俺の前は1ヶ月間
ずっと空いていた。

寝たり、ゲームやったりしたいのに
先生から丸見えで、早く来いと思ってた。


俺が寝てる間に転入生が来て、自己紹介してる。

俺みたいな猫背で、すごーく地味な女。

まあ、女子なんて興味ないからどうでもいいや。


地味女が席に着くと、いてもいなくても
意味ないってくらい先生から丸見え。

もっと背筋伸ばして座ってって冷たく言ったら
目も合わさずに謝られた。

なんだろう、他の女子とは違う雰囲気。

そう感じながら寝てると

西沢(あなた)
ほっといてください!!!
転入生の大きな声で起きた。

翔となんかあったっぽい。

彼女は急いで翔に謝り、ものすごい勢いで
教室を飛び出して行った。
櫻井翔
どうしたんだろ??
相葉雅紀
翔ー!あなたちゃんものすごい
勢いで教室出てったけど、どした?
櫻井翔
いや、わかんなくて・・・
セーラー服褒めただけなんだけど
相葉雅紀
恥ずかしかったんじゃない??
櫻井翔
そうかな〜?
恥ずかしいだけであんな怒るか?

彼女は息切れがひどく、何か思い詰める表情だった。

なにか俺みたいに、思い出したくない過去が
あるのだろうと感じた。