無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

47
313
2022/06/25 17:28
中でお団子をつくっていると

お丸ちゃんが私を呼んだ


「どうしたの?」


表へ出ると以蔵が待っていて

私は急いで以蔵の手を引いてお団子屋へ入る


以蔵「あなた」


名前を呼ばれるが構わず奥へと進んでいく


以蔵「あなた、おいあなたっ」


以蔵に手を振り払われて

私は以蔵の方をむく


「以蔵がしたの?」


目の前がぼやける

以蔵は黙ったままだ


「ねぇ、答えて。以蔵がしたの?」


以蔵「違う。俺じゃない」


「じゃあどうしてっ」


どうして次郎吉さんは死んじゃったの?

そう言おうとして以蔵を見上げて

やっぱり言うのをやめた

以蔵も目を潤ませていた


以蔵「ごめんな」


以蔵はただ一言発して

くるりと背を向けた


以蔵「あの兄弟にあなたを外に出さぬよう頼んだのは俺だ。しかし鼠を殺したのは俺ではない。他ならぬ鉄砲組だ」


「あの手紙は?」


以蔵「まだここにある」


以蔵の手には紙が握られていた

それを見て私は足の力が抜けた


以蔵「もう会いに来ることは無いから安心してくれ」


「え?」


以蔵「すまなかった。あなた」


以蔵の顔は見えなかった

でも泣いている気がした

一瞬でいなくなってしまったから

もう確認することは出来ないけれど