無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

44
387
2022/06/21 17:26
少しの間お団子屋さんはお休みになって

私は完全にこっちに移り住むことになった

金さんと銀さんには

いつでも遊びに来いと言われたので

落ち着いたら行くことにした


「新吉さん」


ふと外に出た時

まだいつもより早い時間に新吉さんが来ていた

思わず声をかけたが

何かを考えこんでいるようで

私がすぐ隣に行くまで気づかなかった


新吉「あぁ、あなた」


「元気ない?」


新吉「元気がねぇわけじゃねぇ、ただ気分が乗らねぇだけだ」


お丸「それを元気がないって言うのよ」


こんっとお団子を出してきたお丸ちゃんが

私の隣に座った


お丸「それよりこんなところで油売ってていいんですか?あちこちで押し込みや強盗が出てるって話じゃないですか」


「え?そんなことが・・・?」


ふと浮かんだ人達をサッと頭から消し

新吉さんに聞くと

新吉さんは頷く


新吉「鼠をライバルだと思っていたやつらがみんな魂抜けたみたいになっちまってな」


それで悪い人達が捕まらないらしく

そんな状況になってしまったら

悪人は黙っているわけがない

江戸の治安が悪いって言っていたのは

そういう事だったのか