無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

迷惑かけたくない。
⏰ジリリリリ…
あなた
ん……
私は、起きた。
あなた
シルク…?
シルク
シルク
(-_-)zzz
あなた
まだ寝てる…
あなた
大学行く準備しないと…
私は、服を着替えて、髪の毛をまとめた。
あなた
ご飯…作ろうかな…
あなた
シルクって何が好きなんだろう…
20分後
あなた
出来た〜
目玉焼き、味噌汁
シルク
シルク
ん…おはよう
あなた
あ、シルクおはよう!
シルク
シルク
めっちゃいい匂いするんだが…笑
あなた
朝ごはん作っておいたから!食べてね!
あなた
私、大学行くから!
シルク
シルク
あ、送るよ!
あなた
え、大丈夫だよ。
シルク
シルク
俺が送るの〜!!
あなた
分かったw
ありがとね!
シルク
シルク
おう!
〇〇大学。
あなた
ここだよ。
シルク
シルク
んじゃ、頑張れよ〜!!
あなた
うん!ありがと〜!!
シルク
シルク
バイバイ
あなた
バイバイ〜
楽しかった時間は、終わってしまった。
亜優菜
亜優菜
あなた、おはよう。
あなた
お、おはよ……
夏奈
夏奈
なんなのその顔は!?
夏奈
夏奈
挨拶してやってんのに!
あなた
……
亜優菜
亜優菜
マジで調子乗ってるw
夏奈
夏奈
それなw
女子達
ほんとそれw
あなた
…ごめん…なさい…
亜優菜
亜優菜
「ごめん」で済むと思うな!
私は、亜優菜にビンタされた。
あなた
いっ……!!
夏奈
夏奈
顔真っ赤w
亜優菜
亜優菜
www
女子達
もっとやりな〜!!笑
あなた
やめて……
夏奈
夏奈
え?なんか言った?笑
あなた
っ……
亜優菜
亜優菜
聞こえなかった〜
夏奈
夏奈
早く死ねばいいのに!
夏奈にお腹を蹴られた。
あなた
うっ………
私は、地面に座り込んだ。
夏奈
夏奈
痛かった?
夏奈
夏奈
弱く蹴ったつもりなんだけどな〜
亜優菜
亜優菜
笑笑
これが一日中続いた。
あなた
いった……い…
15:30
私は、学校を出た。
シルク
シルク
お、おかえり!
正門にはシルクが立っていた。
あなた
……
シルク
シルク
やられたのか?
あなた
…ううん。楽しかった…!!
嘘ついた方が良い。
シルクに迷惑かけたくないんだもん…
シルク
シルク
そっか!なら良かった!
コレで良いんだよね…
これが次の日、また次の日も続いた。
怪我も増えていった。
…そして、シルクが外出している時。
私は、決断した。




















もう死のう。