無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

最悪の事態
あなた
喉乾いた……
シルク
シルク
あ、じゃあ、コンビニ行く?
あなた
いいの?
ンダホ
ンダホ
あ、近くにコンビニあるからそこまで行く?
シルク
シルク
そうして。
ンダホ
ンダホ
分かった
モトキ
モトキ
(-_-)zzz
マサイ
マサイ
(-_-)zzz
シルク
シルク
2人とも寝てるwww
あなた
笑笑
ンダホ
ンダホ
はい、着いたよ!
あなた
ありがと!
私は、1人でコンビニへ行った。
あなた
んー。何買おうかな〜
あなた
シルクはミルクティーが好きだからミルクティー買ってこうかなー
会計が終わり……
あなた
よし、じゃあ、戻るか!
車に戻ろうとした時。
ガッ…………!!!!
私は、誰かに口を塞がれた。
あなた
………!!
じっとしてろ。
あなた
(はなして……!!)
…連れていかれる!
車に乗れ!
手が口から離れた時…
あなた
助けてぇ〜!!
私はそう叫んだ。
黙れ!殺すぞ!?
あなた
ひっ………!!
私は、その男に連れていかれた。