無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

最悪の事態2
シルクside
今、あなたはコンビニ。
ンダホ
ンダホ
あなた、遅いね。
シルク
シルク
そうだな。
ンダホ
ンダホ
シルクに買ってくもの迷ってたりして…?笑
シルク
シルク
笑笑
その時、外から声が聞こえた。
あなた
助けてぇ〜!!
シルク
シルク
あなた!?
ンダホ
ンダホ
今、聞こえたよな?
シルク
シルク
やばい……
俺は、急いで車を出た。
出た時、黒い車に乗っているあなたと男が見えた。
殺すぞ!?
あなた
ひっ……!!
シルク
シルク
怖がってる……!!
黒い車は猛スピードで逃げていった。
シルク
シルク
ダホ!!あの黒い車を追え!
ンダホ
ンダホ
分かった!
モトキ
モトキ
何!?
マサイ
マサイ
あなたは?
シルク
シルク
誘拐された…!!ンダホ、飛ばせ!
モトキ
モトキ
えっ……!?どういうこと!?
シルク
シルク
話は後だ!今は無理!
ンダホ
ンダホ
どこまで行くんだ、この黒い車は……!!
突然、黒い車が俺らの車を煽ってきた。
ンダホ
ンダホ
煽り運転はだめだろ……!!
シルク
シルク
危ねぇ!ぶつかるぞ!?
マサイ
マサイ
え、やばいだろ!?
ンダホ
ンダホ
やばい、見失った!!
シルク
シルク
嘘だろ!?
モトキ
モトキ
あなた………!
俺らはあなたを失ってしまった。