無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

お揃い
シルク
シルク
人が多いな〜
あなた
そうだね……
シルク
シルク
お揃いってどういうのがいい?
あなた
ん〜〜
あなた
いつも着けられるものが良いかなー?
いつも着けられるもの………
シルク
シルク
時計とか?
あなた
あ!私、時計無いんだった!
シルク
シルク
だったら丁度いいんじゃね?
あなた
そうだね。
シルク
シルク
じゃ、買うか!
あなた
うん!
シルク
シルク
時計が売ってるところは………
シルク
シルク
3階か。
あなた
え、でも、ここのモールって高級な…
シルク
シルク
行くぞ〜
俺は、あなたの手を掴んで歩いた。
3階_
シルク
シルク
着いた〜
あなた
広い………
シルク
シルク
ここ初めてか?
あなた
うん。
シルク
シルク
そっか、じゃあ、沢山買おうな。
シルク
シルク
じゃ、時計!
時計店_
あなた
可愛いのいっぱいある……!!
シルク
シルク
好きなの選んでいいぞ。
10分後_
あなた
あ、これがいい!
シルク
シルク
どれどれー?
あなたが選んだ時計は、ダイヤモンドが
中に入っている高級な時計。
シルク
シルク
あ、イイじゃん!
シルク
シルク
これにする?
あなた
あ、でも………
あなたの表情が固くなった。
シルク
シルク
どうした?
あなた
あ…やっぱりさ……
俺にはすぐに分かった。
シルク
シルク
値段を気にしてるだろ?
あなた
!?
ほーらね。
そう、あなたが選んだ時計は58万もする時計。
これを2つ買ったら………
シルク
シルク
あ、別に気にしなくていいんだよ?
あなた
でも……
シルク
シルク
ほら、あなたは今まで苦しい経験をしてきたでしょ?あなたが辛い中、仕事で
頑張ってきたお金を俺がおごってもらうなんて、そんなん彼氏じゃないだろ。笑
シルク
シルク
俺はさ、Fischer'sという仲間と、俺らを支えてくれてる視聴者さん、家族、もちろんあなたのおかげで幸せになれてるからさ、その幸せをあなたにあげるよ。
シルク
シルク
だから、心配なんてしなくていいよ。
あなた
シルク……(´;ω;`)
うわ、泣かしちゃったw
シルク
シルク
泣くなよー笑笑
あなた
ありがとね…(´;ω;`)
シルク
シルク
分かったから、とりあえず泣くな?笑
あなた
笑笑
シルク
シルク
じゃあ、その時計にしよう!
あなた
うん!
シルク
シルク
色違いにするか?
あなた
その方が良いかも。
シルク
シルク
黒と銀があるけど…どれがいい?
あなた
ん〜〜
あなた
シルクはどれがいいの?
シルク
シルク
どっちでも大丈夫よ〜ん
あなた
じゃあ、私の好きな方選んでいい?
シルク
シルク
そりゃ、もちろん!
あなた
じゃあ…
シルク
シルク
銀だろ?
あなた
え、なんで分かったの!?
シルク
シルク
いや、勘だよw
あなた
すごwww
シルク
シルク
じゃあ、俺は黒な〜
シルク
シルク
お会計行こー
あなた
うん!
お会計_
店員「ありがとうございました〜」
シルク
シルク
よーし。
あなた
早く付けたい!!
シルク
シルク
お、ちょっと待てよ〜
シルク
シルク
…はい!
あなた
ありがと〜✨
あなた
めっちゃ可愛い❤
シルク
シルク
そうだなー!あなた、銀似合うじゃん!
あなた
えへへー!
???「やっぱり君達ですか。」
シルク
シルク
んあ?
俺は、声が聞こえた方を向いた。
シルク
シルク
もっきゅん!?
モトキ
モトキ
いやー、イチャイチャしてるとこ見てて苦しかった…(´;ω;`)
シルク
シルク
いや、じゃあ、見るなよw
あなた
モトキ〜
モトキ
モトキ
あなた、やっほーい!!
あなた
やっほーい!!
モトキ
モトキ
俺も紛れていい?
シルク
シルク
いいけど?
あなた
いいよー!
モトキ
モトキ
あざす!
モトキ
モトキ
じゃあ、レッツゴー!
あなた
GO!
シルク
シルク
ちょ、どこに!?笑
あー、騒がしくなりそうだなー笑