無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

同士
うらたぬきside
うらた
うらた
え?俺?
愛流
愛流
うん。そぅ
声をかけたのは、黒いパーカーに、マスクをした青髪の青年


俺なんかしたかな?
愛流
愛流
お兄さんだよね?「愛してよ。」って言ったの?
うらた
うらた
え……あぁ、うん。
愛流
愛流
良かったら話……しない?
うらた
うらた
ぅん
普通の俺なら「嫌だ」って言ってる。

でも、彼ならこの穴を埋めてくれるんじゃないかって。



思えたから。
愛流
愛流
良かった!じゃー、俺ン家来てよ!