無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

愛してよ。
うらた
うらた
愛してよ。
-視界が暗くなると同時に激しい痛みが襲う-








愛してよ。
俺が残した言葉はそれだけだった。