無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第28話

⚜️






倉庫に着いた俺は外側から扉を開けようとする
ジフン
ジフン
くそっ、かたいな

ガタガタと揺れるドア



その向こう側から声が聞こえた
あなた

だれ?


あなたの声だ
ジフン
ジフン
あなた!待ってろ、今出してやるから!
あなた

え?、、ジフン、くん?


何故かびっくりしているあなた



俺は少しずつ開いていくドアに力をこめる










……よく見たら石や砂を詰めて開きにくくしてやがる


あいつら最低かよ
ウジン
ウジン
ジフナ!

ウジナも合流して二人で扉にしがみついた



もう少し、もう少し、、



人1人通れれば充分だ



はやく開いてくれ!!