第13話

⚜️






"試してみてもいいよね"







その言葉と同時に



私の身体はジフンくんの方へと引き寄せられた
あなた

きゃっ!


私はびっくりして少し声が出てしまう




やだ、恥ずかしい
ジフン
ジフン
やっぱり細い

優しく私を包み込むジフンくん



肩と腰へ腕が絡みついて



逃げないようにしてるみたい
ジフン
ジフン
ね、もう少し強く抱き締めてもいい?
あなた

え?


今も充分ドキドキしてるのに




強く抱き締められたら
あなた

心臓がおかしくなっちゃうよ

ジフン
ジフン
おかしくなれよ

腕の力が強くなった




ドクンドクンという音が聞こえる




私の身体の奥から




私の耳から
ジフン
ジフン
あなた……

おかしいよ



チングってこんなものなの?




こんなにドキドキさせられて




ドキドキするものなの?
あなた

ジフンくん?


なかなか離してくれないから




どうしたのか心配になる
ジフン
ジフン
……はやく俺の彼女になれよ

そう言って私は解き放たれた
ジフン
ジフン
今日はぐっすり寝ろよ
ジフン
ジフン
朝迎えに来るからな
あなた

あ、うん


そしてまた家まで歩き出す













そうだ




ここ道端だ




何やってるんだろう恥ずかしい











でもそんなのが気にならないくらい




私はジフンくんでいっぱいだった