第9話

⚜️






私は大好きな幼なじみの告白を




断った
ジフン
ジフン
……ッ

幼なじみの辛そうな顔


本当にごめん
あなた

ごめんね

あなた

ジフンくんの事が嫌いって訳じゃないの

あなた

寧ろ私もす、好き……だけど!

あなた

き、緊張しちゃうし顔見るのも恥ずかしくてその……久しぶりに話したじゃない?まだ慣れなくてえっと、、なんて言うのかな?

ジフン
ジフン
友達からならいいの?
あなた

そ、そう!

あなた

友達からではダメですか?

あなた

私が慣れて、その時もまだジフンくんが私のこと好きでいてくれたら

あなた

私を……彼女にしてください

ジフン
ジフン
……
あなた

ず、図々しくてごめんね!

ジフン
ジフン
好き
あなた

え?

ジフン
ジフン
そういう所も、好き
ジフン
ジフン
わかった、じゃあ帰るぞチング

そう言って差し出される手
あなた

ジフン
ジフン
友達同士でも手は繋ぐだろ?

それって同性同士の話では?


そう思ったけど、
あなた

うん……


久しぶりのこの感じが懐かしくて


私は思わず嬉しくなって


その手を握った