無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

Thirty-four💐


セウォンさんと付き合い始めてから

1週間が経った。








毎日連絡は取り合ってるけど、会うのは3日に
一回。


でもグクはバイトが忙しいからほとんど会ってない















今日はセウォンさんと最後の日だから、


もうこの関係は終わりにできるんだって思ってたけど







































セウォン
最後に、....キス、させて?
セウォン
これが本当に最後、最後だから....
you
you
....いいですよ、最後くらい



















セウォンさんとキスなんてしても、所詮、愛情のこもってないキス。













別に浮気でも無い。そう言い聞かせてた























セウォンさんの手が私の肩に置かれた











セウォン
ごめんね...













視界が真っ暗になって






唇に暖かい感触がした












































































セウォン
愛してる、ヒユン











最後もセウォンさんは、ヒユンさんを想ってた














































you
you
グクに会いたい、





ふと、その考えが頭によぎった






































それが、1週間前の話