無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第45話

Thirty-six💐



はぁ..はあ..はぁ.....








自分でも、こんなに息切れしてまで走ったのは人生で初めてだというくらい、無我夢中に走った。

























you
you
〇〇...総合病院...!
はやく行かなきゃ...








ガラガラッ






you
you
あ、あの!


“ どうされました? ”




you
you
事故に遭ったって聞いて.....!


“あぁ、もう手術は終わりました。無事ですよ。”






you
you
ほんと....ですか....?



“会われますか?”
you
you
はい!





ガラガラ...



you
you
失礼します...





真っ白な部屋に、真っ白なベッド。そこには、

真っ白な包帯を頭や足、至る所に巻いた、








you
you
セウォンさん....
セウォン
あなたちゃん?
セウォン
来てくれたんだね...
you
you
そりゃ、来ますよ..っ
すごい心配したんですからっ!
セウォン
そんなに僕のこと考えてくれてたんだ? ㅋ



もしかして、セウォンさんは私のせいで事故に

遭ったのかもって、もっと私が横にいてあげた

ら、ふせげてたのかもって











you
you
セウォンさん..
セウォン
ん?
you
you
私、どうしたらヒユンさんになれますか?
セウォン
え?
you
you
セウォンさんを幸せにしたいんです













グクとは、すれ違って、すれ違って、やっと愛し合えたけど、




人を失うことの辛さを分かってしまったから、

たとえグクを愛していても、私はセウォンさん

そばにいないといけない













気がした