無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

Nighteen🥀
you
you
な..んで...










家の中には何も無かった












you
you
なんで...何も無いの






その時、二階で声がした





お母さん
あなたー?帰ってきてるのー?





私は二階へと走って向かった








お母さん
おかえ、
you
you
ねぇ!?どういうこと!?
お母さん
あぁ、
お母さん
私達ね、引っ越すの
お母さん
アメリカに
you
you
え...?
お母さん
お父さんの仕事の都合で絶対行かないといけないの
you
you
それ、いつ決まってたの...?
お母さん
2ヶ月前よ
お母さん
言ったところであなたは行きたがらないだろうから、秘密にしてたの
you
you
そんな...
you
you
私、ここに残りたい!行きたくないよ...!
お母さん
だめよ、もう決まったことなんだし
you
you
...どのくらいいるの...
お母さん
3年後...あなたが高校を卒業したら自由にして良いわよ





3å¹´.....










せっかく今、グクに話をしようかと思ってたのに...


お母さん
明日出発だからね
you
you
...急じゃん

















でも、もう最後ならいいよね、本当のこと言っても。


























you
you
...明日..言おう...










そう呟きながら、グクにカトクを送った




























“ 明日、話がしたい ”