無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

Thirty-five💐
グクに押されて、我に返る























セウォンさんとのキスを見られてたんだ


















別に、グクを裏切ったわけでもない。

心ではそう言い聞かせて、どこか、もうどうでもいいと思う自分がいた

































you
you
そうだね、ちょっと距離おこう
ジョングク
ジョングク
..え、






グクは目を見開いて驚いていた




自分でも、こんな言葉があっさり出てびっくりしたよ






ジョングク
ジョングク
え....あなた...?
you
you
ごめんね、














それだけ言って家を出た























もう自分がしたいことが分からない









you
you
どうすればいいの....




































過ちを深く後悔しても、人生はおかまい無しに

進んでいって。



























また、運命を変える出来事が起こる















































prrrrrrr.....prrrrrrr......






you
you
..はい..?


? “あなたさんですか!?今すぐ〇〇総合病院に来てください!”





you
you
え...何が...




? “大変なんです.... ! _______________!”








































ただ、無我夢中に走ってた