無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

Thirty💐
ジミン
ジミン
どうした?ジョングガ
ジョングク
ジョングク
あの....最近、あなたが構ってくれなくて...
ジミン
ジミン
え.あなたちゃんが?
ジミン
ジミン
疲れてるとかじゃないの?
ジョングク
ジョングク
やっぱそうですよね、ありがとうございます


















たぶんそうだろう、って信じ切ってた





















ジョングク
ジョングク
....え?










なんで、なんで






















ジョングク
ジョングク
キス...してるの




















あなたが知らない男とキスしてた




























俺はおぼつかない足取りで家に帰った












俺らが住んでいる家に


























少しして、あなたが帰ってきた
















you
you
ただいまー



その表現には罪悪感なんてものは無くて。












ジョングク
ジョングク
ねぇ、キスして?あなたから


そんなことを言っていた
















あなたは何も言わずに顔を近づけてくる








もう少しで唇が触れる、というときに
















さっきの男とのキスと、



昔のテヒョンとのキスがフラッシュバックする










































俺は反射的にあなたを押した。




























you
you
いった.....グク、どうしたの?






























そんなあなたにも腹が立って、















ジョングク
ジョングク
距離おこう








と言ってしまった