無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

Twenty🥀



_次の日_


you
you
(やばい、一睡もできなかった)




私は目をこすりながらリビングへと向かった





リビングっつっても何も無いけど。





you
you
(なんかすることないし、今日は早く学校行こう)






そう言って家を出た。








you
you
なーんか、嫉妬作戦立てた時と同じような朝だな~






わざと大きい声で言った























案の定、教室には誰もいなくて

















なんてことは無かった







































you
you
...え...
you
you
グク...
ジョングク
ジョングク
よぉ
you
you
なんか早いね、今日
ジョングク
ジョングク
そっちこそ









ふたりの間に沈黙が流れた



















その沈黙を先に破ったのは








ジョングク
ジョングク
ねぇ
you
you
あ、は、はいっ
ジョングク
ジョングク
カトクで言ってた...話って何?




















あぁ、この時が来てしまったんだ