無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

Five🥀
you
you
ギリギリセーフ!
テヒョン
テヒョン
まだ先生きてないね
クラスメート
あ、あなた!先輩来てたよ!
you
you
先輩?
クラスメート
あの怖そうな先輩!
you
you
あ....
you
you
ユンギ先輩か......




_放課後_



テヒョン
テヒョン
あなた、一緒に帰ろう
you
you
ちょっと待って、私用事あるの
テヒョン
テヒョン
じゃあ、下駄箱で待ってるね




_




you
you
ユンギ先輩はど〜こかな〜?
ユンギ
ユンギ
あ、あなた?
you
you
パイセン!
ユンギ
ユンギ
まじでその呼び方やめろ





ユンギ先輩は同じ委員会で、先輩の中では一番仲が良い。




you
you
先輩、また顔怖いって言われてましたよ〜
ユンギ
ユンギ
えぇ、まじか.....




顔が怖いって言われるのがコンプレックスみたい。
you
you
優しい人なんですけどね〜
you
you
ところで、今日のお昼休み、何か用でしたか?
ユンギ
ユンギ
あぁ、委員会の資料渡そうと思って
ユンギ
ユンギ
でも会えなかったから明日渡そうと思って、教室に置いてきた
you
you
えぇ、ごめんなさい!
ユンギ
ユンギ
早めに目通してもらえるといいけど
you
you
今から取りに行きます!
you
you
先輩、さようなら!
ユンギ
ユンギ
ん、じゃあな





教室っていつも委員会で使ってる所かな⁇






その前にテテにカトクしよ!



_カトク_




you
you
ごめん、テテ!ちょっと遅くなるかも!
テヒョン
テヒョン
今なにしてるの?
you
you
教室に資料取りに行く!
テヒョン
テヒョン
俺も行くわ

__
テヒョン
テヒョン
あいつ....最後まで見ろよ....










_
you
you
急がないと!
you
you
資料はどこかな〜



ドアノブに手をかけた時





you
you
あ...あれ....
you
you
グク....?















グクとお昼の女の子がキスしてた











テヒョン
テヒョン
あなた!?





あ....もしかして私、ずっと突っ立ってた....?
テヒョン
テヒョン
何ぼーっとして.....!....あ...





なんでグクはそんなに幸せそうな顔をするの










テヒョン
テヒョン
....あなたっっ帰ろう




テテに引っ張られて外に出た






私って、惨めだな.....
















嫉妬させるって言っておいて、結局その分私が嫉妬して。




















めちゃくちゃだね。






















テヒョン
テヒョン
あなた......こっち向いて........







いつの間にか溜まっていた涙。

















視界の端に、幸せそうに手を繋いでいる2人が映る。














テヒョン
テヒョン
ねぇ、あなた......
テヒョン
テヒョン
キス..........してい?





返事する前に視界が真っ暗になった
























あなたはこんなところを見て嫉妬してくれないよね......























でもなんで..........




































私とテテを引き剥がすの