無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

Twenty- three🥀




___アメリカに着いて1年___











もうこっちでの生活も慣れて、友達も出来た。




you
you
あ、







慣れないことと言えば





















you
you
テテ....


テテからのカトク




1日に 50件くらいは送られてくる。















カトク




テヒョン
テヒョン
友達できた ??
you
you
出来たよ
you
you
今日もカフェ行く
テヒョン
テヒョン
え、待ってそれ女だよね?
テヒョン
テヒョン
「私のボーイフレンドです♡」とか無しだからなマジで
you
you
もー
you
you
私も彼氏の1人や2人できるわ!
テヒョン
テヒョン
は?彼氏なの?
you
you
違うわ
テヒョン
テヒョン
良かったー、お前、絶対彼氏作んなよ、
you
you
なんで?
テヒョン
テヒョン
俺が許さないから!
you
you
幸せになれ、って言ったじゃん
テヒョン
テヒョン
はいはい、しらんしらん
you
you
もう時間だから、バイバイ



と、こんな感じで、テテとは変わらず.......
you
you
やば、





私は急いでカフェへと向かった












you
you
おっぱ〜!ユンギ先輩〜!!





そう、今日はジミンおっぱと、ユンギ先輩に会う。















ジミン
ジミン
あなたちゃん!!
ユンギ
ユンギ
あなた、久しぶり!
you
you
どうしてアメリカに来たの?
ユンギ
ユンギ
俺は仕事の都合で、
ジミン
ジミン
僕はそれについて来た!
you
you
そうなんだ〜〜!











と、それから2時間くらい話して解散した










































you
you
あと1年半...