無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

Ten🥀

ジョングク side





俺はずっとあなたが好き。







でもきっとあなたは俺がテヒョンに嫉妬してるなんてこれっぽっちも思っていないだろう。

















少しでも嫉妬して欲しくて、慣れない、知らない女子と仲良くするふりをして。

















でもさすがに限界だよ















テヒョンとあなたが目の前でキスするから。

































たぶんあの日教室で俺が女子とキスしてるのを見てたんだ。






















俺もしたくてしたわけじゃないんだよ_______
































俺は “元カノ” でさえ都合よく使ってしまうんだろうか______________



























ねぇ、あなた























俺達、いつからすれ違ってた_______??

















____________________________




作者通ります 🌷





毎回すみません 😭



今回もくっっそおもんない話で終わりましたけ
ど、


意味は伝わりましたか⁇

自分なりに伝えたいことを詰め込んでみたんですが、

やっぱり表現が難しいですよね...



これからのお話は、一人一人の心情を読者さん

に知ってもらって、それをドキドキハラハラし

て見守ってもらえたらな、と思います!






なんかすごい いいね や お気に入り にして下

さってて、まじで幻覚かと思いました ㅋㅋ