無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

ネームカード
チョキチョキペリペリ…
はい。只今絶賛お手伝い中です!先生の!


明日学校説明会あるんだけどそのネームカード作りを手伝ってるの。
山崎先生
山崎先生
出来たーー!
あなた

ふーー

あなた

あ、先生。このネームカードの紐の色って…仕事で役割別になってるんじゃないでしょうか。

山崎先生
山崎先生
ん…え。まさかの?
色など関係なく作った私たち。
山崎先生
山崎先生
あーあ。みーつけちゃったみーつけちゃったわーいわい。
山崎先生
山崎先生
て、全然嬉しくないよ!…とりあえず上の人に聞いてくる!
山崎先生
山崎先生
ねぇね!関係ないって色!
あなた

え…

戻ってきた先生が見た先には…



私がネームカードを取り出す姿
山崎先生
山崎先生
ネームカードの紙取り出しちゃったの?!?!
あなた

…だって関係あると思ったんだもん!!!!!!

山崎先生
山崎先生
まじか
そうして私たちは1から作り直し。
山崎先生
山崎先生
ねぇ。浜辺ってさ先生の手伝い、好きでやってるの?
あなた

え?まぁ。

あなた

楽しいじゃないですか!

山崎先生
山崎先生
わーすごいね。浜辺教員向いてるんじゃない?
あなた

ええ?!

あなた

私教えるの下手だし!

山崎先生
山崎先生
いやいやそうじゃなくてこういう手伝いを好きで出来たり周りのことよく見れてたりする人は向いてるってことだよ
なんか…そんな率直に言われると…照れる
山崎先生
山崎先生
なにー照れてんの?笑
あなた

てっ照れてません!!!

山崎先生
山崎先生
は、は、は笑
教員__実は結構前から気になっていたりする。

だからそう言われると…嬉しいかな笑

山崎先生に言われると…照


っえ?山崎先生…に?ないない。ん、絶対に
まぁ何やかんやで下校時刻過ぎました!