無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

反射的
山崎先生
山崎先生
早く帰れー
あなた

ええっもう!!

わわ、っ。階段から転けそうになるのをなんとかジャンプして飛び降りた。

ジーン…足が、震える

痛い。痛すぎるぞ!!
竹内先生
竹内先生
あ、まだ帰ってなかったの__って大丈夫?!
あなた

あ、あ、し…がぁ

先生
もう帰ろうとしてたとこなのに…
保健の先生はそんな愚痴をこぼし手当をして先に帰ってしまった。
竹内先生
竹内先生
大丈夫?
あなた

えへへ…

竹内先生
竹内先生
何をしたら両足捻挫するの
あなた

急いで階段降りてたら転けそうになって、そしたら反射的にジャンプして飛び降りちゃったんです。

それで、着地したら両足ジーン…って

竹内先生
竹内先生
っははは笑
あなた

笑わないでくださいよー

あなた

本当に痛いんだからっ

竹内先生
竹内先生
家って○×市?
あなた

?はい。

竹内先生
竹内先生
おし、送ってってあげる。
竹内先生
竹内先生
(?!…いや何言ってんの自分。つい反射的に出た言葉…あああー俺の馬鹿ー!!避けるって、関わらないって決めたのに?!)
あなた

あ…や、大丈夫!ですよ!

竹内先生
竹内先生
え?
あなた

頑張れば歩けるし

竹内先生
竹内先生
でももう暗いよ。危ない。
あなた

私そんな可愛くないから笑

あなた

絶対に大丈夫

竹内先生
竹内先生
大丈夫じゃない!!
あなた

!!

ビクッ、と驚く
竹内先生
竹内先生
ぁ…ごめん
じゃあタクシーで…って思ったけど隣の隣の市まで相当ある、だろう。

いくらかかるんだよ!ってね
あなた

じゃあお言葉に甘えて

竹内先生
竹内先生
お、おう
車の中ではそんな何度も何かある訳ではなく、普通に到着
あなた

ありがとうございました。

竹内先生
竹内先生
じゃあな
ブロロロ…
あなた

なん、、、で