無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

雨はいい雨悪い雨?
修学旅行はどんどん迫ってきている6月このごろ

ザーーーー…
あなた

嘘でしょ、、、

竹内先生
竹内先生
雨降ってきちゃったね。
あなた

折りたたみすら家に干してあるんだけど…走るかぁ。

竹内先生
竹内先生
どの辺に住んでるの?
あなた

隣の隣の市

竹内先生
竹内先生
あぁ、○○市?
あなた

そうです

竹内先生
竹内先生
送ってあげるよ。
あなた

え、でも危ない人にはついて行っちゃダメって、、、笑

竹内先生
竹内先生
誰が危ない人じゃいヽ(●`へ´)ノ
あなた

あはは、お願いします

ブロロロ
渋滞発生中
あなた

先生…

竹内先生
竹内先生
ん?
あなた

グアム…先生も行きますか?

竹内先生
竹内先生
んー、どうなんだろうね。英語の先生じゃないし。
あなた

えぇ、先生も行きましょうよ…

竹内先生
竹内先生
なに、寂しいの?笑
あなた

…はぃ

竹内先生
竹内先生
…ッ(やけに素直だな。)
竹内先生
竹内先生
んー、そうだな。俺もグアム行きたいなぁ!先生にお願いしてみよう笑
あなた

ほんとっ?

竹内先生
竹内先生
おう。…グアムの準備した?
あなた

…まだです笑

竹内先生
竹内先生
親と買い物でも行くのかな?
そういうとあなたの顔が曇った。
竹内先生
竹内先生
(なんかまずい事言ったかな…)
あなた

渋滞…凄いですね

竹内先生
竹内先生
着いたよ。
あなた

ありがとうございます。

竹内先生
竹内先生
あ、送ったことは内緒な。
あなた

もちろんッ

あなたの見せた笑顔にドキッとした
竹内先生
竹内先生
うん。おやすみ
あなた

おやすみなさい…

......................................................
あなた

雨…強いなぁ

雨を見ていると全てを流してくれている感じがして好きだ。
〜♪
あなた

もしもし、

あなた

嘘、でしょ

電話を終えたあなたは雨の音を聞きながら泣いていた。