無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

かんちがい
竹内先生
竹内先生
ただいまッ
竹内涼子
竹内涼子
おかえりー
あなた

先生…学校終わるの早くないですか?

竹内先生
竹内先生
いや俺クラス持ってないし授業も無かったから早めに帰ってきた!
竹内先生
竹内先生
はい、お土産
竹内涼子
竹内涼子
わぁシュークリーム!?いいの!?
竹内先生
竹内先生
お前のもあるけどあなたに、買ってきたんだからな
あなた

わぁぁ先生ありがとうございます!

竹内先生
竹内先生
たんとお食べ
......................................................
竹内先生
竹内先生
ところであなた体調どう?
あなた

もう元気です!!

竹内先生
竹内先生
そっか良かったな。
あなた

今までありがとうございました!

竹内先生
竹内先生
おう、またなんかあったらな。
あなた

はーい

竹内涼子
竹内涼子
あなたちゃん帰っちゃうの!!もう一泊…
あなた

これ以上ご迷惑をおかけ出来ないので…!!さよなら

竹内涼子
竹内涼子
うぅ。ばいばいっまたおいでね〜今度は私の部屋に!!
あなた

はい!!

......................................................
竹内涼子
竹内涼子
あなたちゃんてさ…ほんとに性格いいし可愛いよね
竹内先生
竹内先生
そうだな。職員の中でも評判いいし
竹内涼子
竹内涼子
妹にしたいくらいだよ〜
竹内先生
竹内先生
そうか笑
竹内涼子
竹内涼子
ほんとにする方法あるよ?笑笑
竹内先生
竹内先生
…!!
竹内先生
竹内先生
いやいやいや、それはないから笑
竹内涼子
竹内涼子
なんでよー
竹内先生
竹内先生
あいつには好きなやついるから。
竹内涼子
竹内涼子
え、知ってんの!?
竹内先生
竹内先生
副担任でも見てればわかるよ笑
竹内涼子
竹内涼子
そんなにわかりやすいの?
竹内先生
竹内先生
うん。それにお似合いだしねぇ…
竹内涼子
竹内涼子
自分で言う?!
竹内先生
竹内先生
だってほんとにそうなんだもん。
竹内涼子
竹内涼子
へ、へぇ…
ここまで会話が何とか噛み合ってるのがすごい。

涼子→あなたの好きな人はお兄ちゃんって知ってる

涼真→鈴村だと勘違いしている。
竹内涼子
竹内涼子
ま、まあ!頑張ってね!
竹内先生
竹内先生
?お、おう?
......................................................
あなた

先生と涼子さんいい人だったな。

あなた

ただいまー…って誰もいないんだった。

そこにはいつもの置き手紙とご飯が置いてあった。
あなた

…ご飯、もうアウトだよね

捨てるのは初めてだった。
いつもなら無理してでも食べるけど、ね
あなた

さっきまであんなに楽しかったのに急に一人きりか…まぁいつもの生活に戻ったと思えばいいよね。