無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

書道部
しゅぅっ
あなた

っはぁ。結構上手くかけたんじゃない?!

只今文化祭で出す書道作品の作成中。


あ。みんなに言ってなかったよね、私書道部なんです!
『栄光の架橋』

これすごーく難しいんです。

だから納得のいく者がかけた時の達成感、好きなんだよね。

先生
あなたちゃん、どうー?書けた?
丁度いいところに先生!
あなた

今納得のいくもの書けたんです!

先生
見せて!!………すごくバランスもいいしいいね!
あなた

ほんとですか!!ありがとうございます!

先生
あー…ねぇあなたちゃん
あなた

なんですか?

先生
実はね、私…産休に入ることになったの。だから今年の書道部はもう持てない、の。
あなた

…そうなんですか、、、でも赤ちゃんおめでとうございます!頑張ってくださいね

先生
ありがとう。でね、代わりの先生入るから!ごめんね
あなた

誰先生ですか?

先生
竹内先生よ。あの先生ね前に書道習ってて腕前もすごくいいの。だからお願いしちゃった。
ま、じ、か、!
これから秋に向けて文化祭や合唱祭で書道部がまあまあ活躍する場。

先生との関わりもふ、え、る、!


気まずさMAXの今!!!!

どう関われと
うーわー