無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

ココアとヒゲと心理学
しばらくして、先生がココアを持ってきてくれた。お礼を言って飲むとすごくそれは美味しかった。
あなた

こんなに美味しいの初めて

竹内先生
竹内先生
きっとそれは心理状態が極限まで落ち込んだところで食べたものはとても美味しく感じられるんだよ。
あなた

心理学ですか。?

竹内先生
竹内先生
心理学ですよ。笑
あなた

ふふふ。

竹内先生
竹内先生
何かおかしい?
あなた

ヒゲになってる笑

竹内先生
竹内先生
え、?わぁ笑
竹内先生
竹内先生
めっちゃ恥ずかしいじゃん笑
あなた

先生

竹内先生
竹内先生
ん?
あなた

グアム、楽しんできてくださいね

竹内先生
竹内先生
ん、あぁそれなら行かないことになったよ。
あなた

え?!

竹内先生
竹内先生
僕英語の先生じゃなかったしALTの先生が行くことになったの。
あなた

そうなんだ。

竹内先生
竹内先生
だけど1回行くってことになったじゃない?だからその間の授業変わってもらったのに結局意味なかったって言うね笑。だから休みもらっちゃった。
あなた

いいな〜私なんて学校行かなきゃいけないんですよ?

竹内先生
竹内先生
あ、じゃあ俺暇だしマンツーマンで古典やるか!
あなた

ほんと!?やった!

修学旅行行けなくて悲しかったけどいいこともあるんだな
〜竹内先生、竹内先生。教員室までお越しください。繰り返します…
竹内先生
竹内先生
呼ばれちゃった笑
行ってくるね、あ、また戻ってくるからね!
あなた

行ってらっしゃい〜