無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

甘々彼氏「さとみくん」
朝 目が覚めると...
なにか上に乗っていた( '-' )
あなた
あなた
ちょっちょっとぉ...
あなた
あなた
重いぃ...
私はゆっくり起き上がった
さとみくん
さとみくん
えぇ、なんでぇ?
さとみくん
さとみくん
なんで起きるのぉ
さとみくんが上目遣いでじっと見つめてくる
あなた
あなた
なんでって...ご飯作らなきゃダメでしょ💦
さとみくん
さとみくん
やだやだやだやだぁ...
強く抱きしめてくる
あなた
あなた
んんっ、もー!
私はずっと抱きしめてくるさとみくんを引きずりながらリビングへ向かった
さとみくん
さとみくん
あなたー...なんでそんなに冷たいのぉ?
あなた
あなた
...
さとみくん
さとみくん
ねーえー無視すんなぁー
あなた
あなた
離してよー...
さとみくん
さとみくん
俺のこと嫌い...?
顔を近づけて聞いてくる
あなた
あなた
ちょ、顔近いって
さとみくん
さとみくん
答えてあなた
あなた
あなた
...好きだよ
さとみくん
さとみくん
聞こえない
あなた
あなた
(イラッ)
あなた
あなた
さとみくんが大好きです!!これでいい?
さとみくん
さとみくん
好きならキスしてよ
あなた
あなた
もー...
(チュッ)
あなた
あなた
!?
さとみくん
さとみくん
へへ、不意打ちゲットー
さとみくんは嬉しそうにスキップしてまた寝に行った
あなた
あなた
...ばか