無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#5
あれから3ヶ月。
会ってもいないし話してもいない。
だから、どこにいるのかもわからない。
カフェから出ようとした時に1人の女性が入ろうとしていたらしいが見えていなかった
あなた

わっ

神ちゃん
わっ!……って…あなた?
あなた

神…ちゃん

神ちゃん
元気?
あなた

元気d…くしゅん

神ちゃん
え、風邪?
あなた

いやっ、違うっ…くしゅん

そのあとも何回かくしゃみをするあなた
神ちゃん
もう、行くのやめといた方がええで。
あなた

大丈夫だって

神ちゃん
大丈夫やないやろ。
カフェに入ろうとドアノブを掴んだあなたの手を握る
神ちゃん
ほら、こんなにも熱いやん。帰るで。
そのままあなたの手を引き、大通りに出てタクシーを拾う俺。
ー あなたの家 ー
神ちゃん
フラフラしとるし。大丈夫やないやろ。
神ちゃん
座って。
神ちゃん
靴脱がすから
あーなんで、こんな時に限って脱ぎにくい靴!
神ちゃん
なんでこんな時に脱ぎにくい靴なんだよ…
小さな声で ポロッ と出た
あなた

あの、それ結構お気に入りなの。どうかな?

神ちゃん
可愛ええと思うで。
あなた

ねえ、神ちゃん…どうしてそんなに優しいの?前もそう。急に家に来て。今も…かわいいとか。

神ちゃん
あの時なにも言ってへんけどな。
あなた

そうだけど…なんでそこまでできr…

神ちゃん
うるさい口にはこうしなきゃあかんな
ほんまにうるさいとかやなくて、普通に好きやったから口に キス をした
あなた

え?

神ちゃん
とりあえず、上がるで。
あなたの手を引きリビングまで行った
あなた

神ちゃん

あなた

神ちゃん

あなた

神ちゃんってば!

神ちゃん
なんや。
あなた

どうしたの?急に。

神ちゃん
とりあえず、ベッドに横になりぃ。
あなた

わ…わかった

素直やなぁ
ベッドの横にあった椅子に座り、言った。
神ちゃん
今から言うこと嫌だったら怒ってええから
神ちゃん
本当は、あなたに会いたかった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Minto
Minto
やっほぉ〜! Mintoです!仮名だから本名ではない! みんとって可愛いよね。 いま、ジャニーズWEST書いてるからぜひ見てね!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る