無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

- ̗̀💗 ̖́-
610
2022/03/23 13:19
1時間後…
しらいしまい
しらいしまい
あなた〜、起きられる?
(なまえ)
あなた
ん…。
しらいしまい
しらいしまい
どう?体調は?
(なまえ)
あなた
さっきより良くなったかも…。
さいとうあすか
さいとうあすか
さっきより顔色悪くない?
(なまえ)
あなた
大丈夫だって!
はしもとななみ
はしもとななみ
さっきより確実に顔色が悪いぞ…。
まあ、この収録終わったら体調悪い子を1人にさせるわけに行かないから私のおうちおいで?
(なまえ)
あなた
いいの?
はしもとななみ
はしもとななみ
だって、さっきより体調悪いでしょ?
正直に言って
(なまえ)
あなた
さっきよりはね。頭痛い…。
さいとうあすか
さいとうあすか
そろそろ撮影始まるって〜
しらいしまい
しらいしまい
無理しないでね。
(なまえ)
あなた
うん。
さっきより体が動かなくなってきた。

やっぱりどんどん体調が悪化してくのがわかる。
けど、迷惑はかけられないし、頑張らなきゃね。






『以上です。お疲れ様でした!』


ありがとうございました!

あー、もうやばい限界だ。

フラっ
さくらいれいか
さくらいれいか
危ない!
れいかが支えてくれた。
あきもとまなつ
あきもとまなつ
よかった。
さくらいれいか
さくらいれいか
あなた今日1人だよね?家帰ったら。
あきもとまなつ
あきもとまなつ
ななみんがお家に連れて帰るって言ってた気がするけど…。
さくらいれいか
さくらいれいか
ななみん!
はしもとななみ
はしもとななみ
ん?
さくらいれいか
さくらいれいか
今日さ、あなたのこと連れて帰ってくれるの?
はしもとななみ
はしもとななみ
うん。明日仕事ないし、さすがに1人にはできないもん。
さくらいれいか
さくらいれいか
なら安心だね。
(なまえ)
あなた
うん…。
はしもとななみ
はしもとななみ
あなた,1回あっちの部屋行こっか。 荷物取りに行こ。
(なまえ)
あなた
うん。
さくらいれいか
さくらいれいか
フラフラしてるけど大丈夫?
(なまえ)
あなた
うん。ありがとう。
さくらいれいか
さくらいれいか
あなた、ななみんお疲れさま。
お大事にね!
はしもとななみ
はしもとななみ
お疲れ様〜
ななみに支えてもらいながら、楽屋へ荷物を取りに行き、ななみの車に乗せもらった。
はしもとななみ
はしもとななみ
家着くまで寝てていいよ。
(なまえ)
あなた
ん…。ありがとう




目を覚ますと、心配そうなななみの顔が見えた。
(なまえ)
あなた
はしもとななみ
はしもとななみ
起きた?体調どう?
(なまえ)
あなた
ピークはすぎたかもしれない。
はしもとななみ
はしもとななみ
よかった。お粥作ったから食べさせてあげる。
(なまえ)
あなた
ありがと…。
はしもとななみ
はしもとななみ
あーん。
(なまえ)
あなた
おいひぃ
はしもとななみ
はしもとななみ
よかった。熱も測っときな。
(なまえ)
あなた
わかった。
ピピピピピピピピ
(なまえ)
あなた
37・8℃だって、
はしもとななみ
はしもとななみ
下がったね。よかった。
また寝ときな、
(なまえ)
あなた
ななみぃ、どっか行かないでね?
はしもとななみ
はしもとななみ
大丈夫。ちゃんといるからね。
メールーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さいとうあすか
さいとうあすか
ななみ!!
あなた大丈夫?
はしもとななみ
はしもとななみ
さっきより下がったよ!
また寝た!
あすかが心配してたって言っとくよ笑
さいとうあすか
さいとうあすか
なら良かった、お大事にって伝えて笑
はしもとななみ
はしもとななみ
はーい。ありがとね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この後すっかり元気になりました。