無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

最終選別
〇〇
〇〇
は、はい
毎日フル練習を頑張って1年たった
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
僕結構強くなったかな?前の僕よりはりんごの呼吸 6の型 祭殿さん等
サラヒ・ノーゼ
サラヒ・ノーゼ
すごいね感動したよ最終選別行ってきな
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
鬼がたくさんいる
〇〇
〇〇
なんで俺たちがこの泣き虫と行くのか?俺たちのほうがつい良いし泣き虫じゃねーぇし俺たちは2年半ここで過ごしてたんだよ
な
そうだなだいたいまだ、残っているやつがいるよに
全員
全員
ウーアウーアウーアウーアウーアウーウーウーウーウーウー
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
柱が鬼にいやこんなことは知ってるでもなぜここにいるんだ僕たちこの柱の上弦勝てというのか?できるわけ無いでしょう僕たちは食べられんか
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
そうだサラヒ・ノーゼさんが言ってた「逃げてもいいよただし死ぬなお前が死んだら育てた意味がなかろう俺はおまえそうエペルを信じる」と言っていたんだ信じるんだ信じるんだ俺は強くなった男エペル・フェルミエだでもあの二人組には勝てなかった上弦なんかに
最終選別が終わり
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
生き残った人数も少なすぎるだろ
3人しかいねーとやばいでも1人しかおらへんなー
ケイト
ケイト
では、刃を選んでください色変わりの刀です
エペル・フェルミエ
エペル・フェルミエ
これにしよ