無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

# 5










分かってる 、 僕には分かってる




あなた絶対に 、 にしたくとなんかある









『 あなたなんか隠してるやろ ? 』




桃瀬 「 だからなんにも隠してないってば !!! 」














隣にいたはずのあなたは 、




気づいた頃には消えていた




僕怒らしちゃった … ? 彼氏として最低や




絶対僕嫌われた 、














気づいたら僕は 、 あなたの家に走っていた





























桃瀬 side









はあ … 、 謙杜に言い過ぎちゃった




絶対嫌われた 、 だってあんなに言ったもん




最低よね 、 あかんねこんな彼女

















ガチャ











?? 「 あなた !!! 」














聞き馴染みのある声 、 安心する声 、 大好きな声 、




謙杜 …











『 謙杜 !! 』




長尾 「 あなたごめん !! 僕もう嫌われたよな … 」




『 んーん違う 、 謙杜はなんも悪ないねん 、 』




長尾 「 あなた~ ( グスッ 」




『 ごめん 、 隠してたこと話す 』




長尾 「 いいん ? ( きゅる 」




『 大好きな彼氏に隠し事はあかん ! 』




長尾 「 もおー 、 大好き ♡ 」




『 うちもっ 』









『 んでさ 、 その 、 実は 、 』




『 うち拓の元カノ 、 』




長尾 「 も 、 も 、 元カノ ?! にしたくの ?! 」




『 う 、 うん 』




長尾 「 なんで別れたん … ? 」




『 それは … 』