無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

461
2020/11/25

第4話

# 3










無事 、 長尾氏の自宅潜入して




ただいま送られた住所へと迎えっております 。




桃瀬 あなた 18歳 ←



















あ 、 着いたっぽい (














『 失礼しま~す ? 』




長尾 「 あなた !! ( ギュ 」




『 ちょ今は恥ずいって 笑 /// 』




道枝 「 あ 、 あなたやん 」




『 駿やん ! あ 、 これ 』




長尾 「 あーーりがとおおお ! 」




高橋 「 あっのー 」




長尾 「 あ 、 例の 」




『 何その説明のしかた ! じゃあその例の奴です 』 ←




大西 「 かわい 、 笑 」




『 流星くん ? でしたっけ ? 』




大西 「 そーやで !( ニコ 」









か わ゛い゛い゛!!!!














『 流星くんの方が可愛いです ! 』




西畑 「 ほんまにめっちゃ可愛いな 」




大橋 「 謙杜お前よーやったな ! 」




長尾 「 まあ /// 」




藤原 「 なに照れとん 笑 大切にしーやー 」




長尾 「 当たり前ですっ !! 」




『 じゃあお先に … 』




高橋 「 せっかくやし見ていきーや( 腕引っ張る 」




『 え 、 いいんですか ? 』




長尾 「 ちょ高橋くーん ! 触っちゃあかん !! 」




高橋 「 あ 、 ごめんごめん 笑 」




西畑 「 俺らも見て行って欲しいな 、 」




『 じゃ 、 じゃあ ! お言葉に甘えて … 笑 』



















ねえ待って 、 タイミング悪すぎ









____ から電話 、




もう嫌やのに 、、、