無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

# 1










長尾 「 だあすき 」




『 うちもだーすき 』














家ではこんなにわんこな君




ステージに立つと














長尾 「 浮気すんなよ 」




「 「 「 きゃー !! ♡ 」 」 」














こんな私が輝いている君の彼女で









いいのかな 、 なんて ____ 。














長尾 「 あなたー ? 」




『 へっ ?! 』




長尾 「 なんでそんなびっくりすんの~ 笑 」




『 ぼーっとしてた 。 笑 』




長尾 「 ほらはよ学校行くで 」














腕を引っ張って走ってる君の横顔




輝いている太陽に照らされてとても綺麗









大好き














『 かっこい … 』




長尾 「 え ?? 僕 !? 」




『 それ以外おらんやんっ 』




長尾 「 /// もう 、 すーき 」




『 あ 、 やばい見られてる走れ 』




長尾 「 もーいーやーん 。 」




『 駄目です 。君はアイドル 。 』




長尾 「 ( 拗ね ) 」




『 あかんってそれは 、 可愛い 』









谷川 「 あっお2人さん朝からイチャイチャしやがって 」




長尾 「 逃げろっ !! 」














谷 「 陸部舐めんな ? ♡ 」




『 はぁはぁ … お前はや 』




長尾 「 さすが陸部 」




谷 「 だから舐めんなゆーたやろ~ ? ‪♡‬ 」




『 ひゃー怖 』



















さあさあこいつが 、 うちの親友でもある




谷 舞香 たにまいか




舞香はまじくそおもろい




彼氏は作らん主義とか言ってますけどいても普通














谷 「 どーなん ? 長尾 」




長尾 「 なにがー ? 」




谷 「 あなたとや 」




長尾 「 別にいつもどーりやで ? な~ ? あなたっ ! 」




『 う 、 う 、う 、 う 、 うん 』 ←



















担任 「 はい 。 ちゃくせーき 」



















──────── そして今日も始まる 。