無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

買い物
佐藤心
ああ〜西村くんのことなんとも思ってへんのか
佐藤心
残念。
さっきから、心は
佐藤心
西村くんのことほんとに好きじゃないの?
ってずっと聞いてきて、好きじゃないと言ったら
佐藤心
残念
って言っている
ずっとこの会話をループしている
佐藤心
ほんとに〜?
あなた

ほんとだってば

佐藤心
え〜つまんないの
あなた

つまんなくてごめんね

あなた

私恋愛話持ってないから

佐藤心
そうだった
あなた

てかさ、買い物行きたいんだけど行かない?

佐藤心
ん?全然いいよ
あなた

やったー!

私と心は買い物に時間を使いたいから、急いでショップモールに向かった
佐藤心
どこ行く?
あなた

私服屋さんみたい

佐藤心
じゃあ行こか
服屋さん
うろちょろうろちょろしながら、店内を回っていると
私の目に止まった服があった
あなた

(りょ、量産の服だ!)

あなた

(量産ってさ、可愛いよね〜)

あなた

(この服欲しいな〜)

あなた

(欲しいけど、性格がサバサバしすぎて、性格と見た目が合ってないしな〜)

佐藤心
どうしたん?その服欲しいん?
あなた

欲しいけど…

佐藤心
(。´・ω・)ん?
あなた

見た目と中身が合わないかなって〜

佐藤心
う〜ん確かに合わないな
あなた

外見は量産で、中身はサバサバで、

佐藤心
でも、外見で、似合っとったらええんちゃう?
佐藤心
服に中身関係ないやろ
あなた

あー確かに言われてみれば

佐藤心
その服似合っとるで
あなた

ほんま!?

佐藤心
うん
佐藤心
中身なんか変えたい時に変えればええやん
佐藤心
ダイエットみたいにさ
佐藤心
前向きに考えよ
あなた

そだね!

あなた

じゃあこれ買ってくるわ!!

佐藤心
おけ
やっぱり持つべきものは持った方がええねんな
心がいてよかったー