無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

え!?
私と心は3年4組の教室に行き転入生を見に行ったのだが
そこに居た転入生は、なにわ男子の最年少で笑顔の貴公子で、私の婚約者の長尾謙杜くん
あなた

ってえ!?

長尾謙杜
(*´-ω・)ン?
あ、目が合っちゃった
長尾謙杜
👋
てか、こっちに手まで降ってきてるし!!
女子
私に手振ってくれた!!!
女子
いやいや、私よ!!
いやいや、あなた達やなくて、私です!!
佐藤心
あの女子たち自意識過剰や
佐藤心
あなた戻ろ。
あなた

OK

佐藤心
てか、あなた
あなた

何?

佐藤心
あんたさ、その袋破けてるのに使ってるの?
あなた

え?あぁ〜ほんとや、破けてる。

あなた

でも、まだ使えるでしょ!

佐藤心
何に?
あなた

お弁当箱入れたり、

長尾謙杜
桜田さんー!!
あなた

え!?

佐藤心
わぁ〜おイケメン転入生だ
佐藤心
じゃわしはこれで失礼するよ
あなた

え!?ちょまち

長尾謙杜
桜田さん
あなた

はい!

長尾謙杜
今日放課後どこか行かない?
あなた

えわあ、はい!

あなた

どこか行きましょう!

長尾謙杜
やったー!じゃあ、放課後教室に行くから!
あなた

わかった!

長尾謙杜
あ、聞き忘れた何組?
あなた

2年1組です!

長尾謙杜
OK
長尾謙杜
じゃあ、また後で!
あなた

うん