無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

“元彼氏”
いつもより早くに私は家を出た
時刻は6時45分
今日は学校があるが、行きたくないので無断欠席する
まぁ行きたくないではなく、駿佑に早く会いたかったから
朝から会う約束なんてしてない。
だけれど駿佑との待ち合わせ場所に、到着したら、駿佑がいた
道枝駿佑
あなた!久しぶり
あなた

ひさ、しぶり

あなた

なんで、おるん???

道枝駿佑
あなたなら、朝から来ると思ったから
道枝駿佑
おみとおし
あなた

さすがやわ

道枝駿佑
そりゃあ“元彼氏”なんだから
あなた

やっぱり、すごいね

駿佑との関係が気になる人がおったと思うけど、駿佑は私の元彼です。そして、私の初恋の人。
ちなみに駿佑もなにわ男子やで










振ったのは………
道枝駿佑
あなた?
あなた

あ、うん

道枝駿佑
どおした?
あなた

なんでもないで、ただボケェ〜っとしてただけやから

道枝駿佑
そう、良かった
道枝駿佑
ほな、行こか
あなた

うん^^*

私は駿佑とブラブラ歩きながら、カフェに向かった