無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

え……?
長尾謙杜side
今日は、風雅とお買い物にショップモールに来ている
服屋さんとか、文房具屋さんとかいろいろ回って休憩しようとして、カフェに向かっている途中
あなたを発見した
俺と風雅が行く予定のカフェに居た
大西風雅
あれ、あなたちゃいます?
長尾謙杜
あなただよね
大西風雅
うん
長尾謙杜
呼ぼ!
あなたを呼ぼうとしたら










あなた

(〃△〃)












あなたは、顔を真っ赤にしていた
何があったんだろうと隣を見ていると
拓哉とあなたのお友達がいた
西村拓哉
(〃△〃)
拓哉も顔を真っ赤にしていた
あなた

(/ω・\)チラッ

あなたは、おそるおそる拓哉の顔を見ていた
あなたと拓哉が目が合っていた
そして、見つめあっていた








この時俺の胸にドキッっと胸が苦しくなった
大西風雅
謙杜くん大丈夫ですか?
大西風雅
拓哉とあなた
長尾謙杜
わかっとる……
大西風雅
でも、
長尾謙杜
風雅行こ
大西風雅
あ、はい




この時、俺は胸が苦しくなり、拓哉とあなたが照れていて見つめあっているところを見たくなかった
今すぐこの場から離れたかった
2人が見えない所へ行きたかった