無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

1人ショッピング
拓哉と別れて私はショッピングモールに行った
あなた

(1人でショッピングしてみたかったんだよね)

私はショッピングモールの中へと入った
あなた

(何見ようかな〜)

あなた

(やっぱり、コスメからだよねぇ〜)

私はササッとメイク屋さんに行き、コスメを見た
あなた

(このリップ新作じゃん!)

あなた

(めっちゃ可愛いんやけど)

あなた

(似合うかな……?)

あなた

(やっぱりやめとこ)

自信が無くなったので、買うのをやめた
あなた

(また今度だな)

あなた

(あ、そうだ!雑誌雑誌)

あなた

(Myojoあるかな??)

私は急いで本屋さんに向かった
そして、雑誌コーナーに向かった
Myojoは1冊残っていた
あなた

(あった!!!!!やった!)

あなた

(しかも最後の1冊だし)

あなた

(買お〜っと!)

Myojoをもって、レジに行こうとした時
女子
あ、Myojo無くなってる…
女子
定員さんに聞こ
女子
すみません、Myojoって残りないですか?
お店の人
すいません。そこに出てあるのが全部なので、もう、ないですね
女子
そうですか……
私はそのことを立ち止まって見ていた
あなた

あの、!

女子
え?はい
あなた

これ、どうぞ!^^*

女子
え?でも、もうないですし
あなた

いいんですよ!私はネットで頼むので

女子
でも……
あなた

受け取ってください!

女子
すいません。ありがとうございます^^*
謙杜くんを好きになって、毎月欠かさず買っていたMyojo
買い逃したことなんて1度もない
あなた

(まぁ、私は推しと現実で会えているからいっか)

わっ!