無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

メニュー
担任(薄頭)
桜田〜
あなた

は、はい?

担任(薄頭)
これ、放課後にやって職員室に持ってきてくれ
あなた

あ、はい

そう言って、薄頭先生は算数のプリントを私の席に置いてどっかに行ってしまった
佐藤心
あちゃぁ〜
大西風雅
ガンバ。
あなた

助けてぇ〜

私がこんなに助け求める理由は
薄頭にプリント整理を頼まれると、夜遅くまでかかるし、なんと言っても、そのプリントを折ったり、1mでもズレると怒られる
佐藤心
じゃ!帰るね
大西風雅
俺も
あなた

えぇ〜!助けて!

佐藤心
ごめん。
大西風雅
無理
あなた

(・д・)チッ

あなた

バイバイ👋

そう私はいい、心と風雅が出て行くのを見送った
あなた

フゥ〜1人でやるか

ガラッ
あなた

(。´・ω・)ん?

西村拓哉
あ、あなた
あなた

あ、拓哉

西村拓哉
いたいた!
あなた

どうしたの?

西村拓哉
ほら!昨日のこと!
あなた

あぁ〜!練習!?

西村拓哉
そうそう!
あなた

でも、、、

西村拓哉
あなた

薄頭にプリント頼まれちゃって……

西村拓哉
あぁ〜!噂の……
あなた

うん……(^_^;)

ガタン
あなた

え?

拓哉は荷物を置いて、私の席の前に座った
あなた

へ?

西村拓哉
手伝うよ!
あなた

ありがとう^^*