無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

夢じゃないよね?
謙杜くんと会ったあと、家に帰りライブ鑑賞したりしていたらあっという間に夜になっていた
お父さん
あなたもう寝なさい
あなた

はぁ〜い

お母さん
おやすみ(´O`)
あなた

おやすみ

私は、お父さんとお母さんにおやすみを言い、ベッドの中へ入った
あなた

(はぁ〜疲れた)

あなた

(待って、謙杜くんと会ったこと夢じゃないよね??)

ちゃんと謙杜くんのLINEがあるか確認中
あなた

(あ、あった!良かった〜)

あなた

(それにしても実感わかないな)

あなた

(p 。- )ふわぁ...。

次の日
トントン
あなた

お母さん
あなた朝よ!起きなさい!
あなた

う〜ん

あなた

( ゚∀ ゚)ハッ!

あなた

(昨日謙杜くんのこと考えてたいつの間にか寝ちゃった!)

あなた

(゜Д゜)

LINEチェック
あなた

(あったあった!ほんとに夢じゃないんだ〜)

ピコン
あなた

(*´-ω・)ン?

あなた

(誰かからかLINEだ)

あなた

(あ、心だなんだろ?)

LINE
佐藤心(LINE)
佐藤心(LINE)
今から、待ち合わせ場所に行くね
現実
あなた

(ん?今から待ち合わせ場所に行く?心来るのはや過ぎない?)

そう思いながら、携帯の時間を見ると
7時40分
あなた

(゜Д゜)

あなた

え?

あなた

さすがにそんなはず

部屋にある時計を見た
時刻はやっぱり、7時40分
あなた

遅刻だァーー!!!

お母さん
あなた早く起きなさい!!
私は、無我夢中で制服に着替えご飯を食べ髪の毛を整え、歯磨きをしすぐに準備を終わらせた
時間を見ると7時55分
あと、5分で遅刻だ
急げぇーーー
あなた

行ってきます!!!

お母さん
行ってらっしゃい!気をつけるのよ!
あなた

はぁ〜い

家をすぐ出て、心との待ち合わせ場所に全力疾走で行く