無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

放課後
放課後
あなた

(よし、HR終わったし謙杜くんのところ行こ)

佐藤心
あなた〜帰ろ!
あなた

ごめん🙇今日謙杜くんと会う予定あるから

佐藤心
なにぃ〜?付き合ってるの??
あなた

ちゃうって!!

大西風雅
心、あなた用事あんだから、そんなに引き止めたら、遅れるやろ
佐藤心
あ、そうだ。ごめん
あなた

全然いいよ!風雅ありがと

佐藤心
頑張ってね
あなた

うん^^*

大西風雅
じゃあな
あなた

バイバイ(´ー`)/~~

西村拓哉
あなたじゃあね
あなた

あ、拓哉またあしたね

私はみんなと少し話して謙杜くんの教室に向かった
あなた

(てか、心が言ってた「頑張ってね」ってどういう意味?)

あなた

(まぁ、そのうちわかるか)

あなた

(謙杜くんいるかな?)

あなた

[壁]ω・`)ヒョコ

ひょこっと顔を謙杜くんの教室に覗かせると、謙杜くんは笑顔で友達と帰りの準備をしていた
長尾謙杜
アハハ‪
いつもより、男の子ぽい笑い方をしている
あなた

(なんか、いつもの謙杜くんより違う人みたい)

そのまま、謙杜くんをジーッとみていたら
長尾謙杜
あなた?
あなた

( ゚д゚)ハッ!

長尾謙杜
ごめん。またせた?
あなた

あ、ううん。待ってないよ!

長尾謙杜
ほんと?なら良かった
長尾謙杜
じゃあ、行こっか
あなた

うん

私たちは、何も話さないまま、公園に向かった